金沢の市場から一番近いすし処大敷

自家農園のレンコン畑の紹介

topページ 店内のご案内大敷のお料理 すし屋のからくり
金沢の市場と加賀野菜自家農園のレンコン畑の紹介 店主のブログ 店主のFacebook
大敷では田んぼの減反にレンコンを作っています。 稲作に必要な土の中の養分を調整するためにレンコン栽培は 有意義なのです。
レンコンは泥の中の石にそって根が縦横に 伸びていきます。
もろいので掘り出すときは神経をつかいます

加賀レンコンの歴史

加賀レンコンは現在、品種「支那白花」が主で才田、森本地区、
河北潟干拓地隣接の 津幡町まで栽培が広がっている。
その歴史は藩政時代にさかのぼる。昔は薬として使用され食用になったのは明治にはいってから。 おめでたい席に食され、高価なものであった。品種改良を経て全国に流通されるようになってから 「加賀」の名をつけて加賀レンコンと呼ばれるようになった。特に先の方の二節がおいしいとされる。
  • レンコン堀 について

    レンコン畑は図のようになっており
    柔らかい土と石ころの地盤の間を
    ぬうように横がレンコンが成長
    していきます。

  • レンコン堀 1

    レンコン堀名人がそっと根を掘りだしていきます

  • レンコン堀 2

    レンコン本体を探すこと30分やっとみつかりました。

  • レンコン堀3

    傷を付けないよう、おってしまわないよう
    そっと大事に掘り出します

  • レンコン堀 4

    こんなに長いレンコンがとれました。
    レンコンってなかなか収穫大変なのです。

掘り進めるのにはとってもコツがいるんです。 名人の技を動画でもご覧いただけます。